あすかの人生劇場

発達障害のマンガ書いてます

「頑張る」「気を付ける」って具体的にどうすればいいの?

「鬱の人に頑張れと言ってはいけない」という内容の記事ではありません。

単純に「頑張る」って具体的にどうすればいいの?「気を付ける」ってどうすればいいの?と子供のころから疑問に思っていました。

漫画:頑張るってどうやるの?



「頑張れ」って便利な言葉で、これさえ言っておけば応援していることになるという魔法のワードですよね。
いっしょうけんめいがんばりました!」もすごく便利。子供の語彙力で最上級のアピールです。

でも自分が「頑張って!」と言われると、とたんにどうしたらいいか分からなくなってしまいます。えー?具体的にどうすればいいの?って。

とりあえず「ふんっ!」とやれば頑張ってることになるのかな、と。
まったく頭を使ってませんでした・・・


「気を付ける」も同様に漠然としていてよく分からない言葉でした。

漫画:気を付けるの意味



「気を付けて学校に行きなさい」と言われた場合、とにかく目にグッと力を入れて、あらゆるものを視界に入れるようにしていました。たぶん「周りをよく見て」とアドバイスされたことがあったのだと思います。

よくある例えで「お風呂のお湯を見てきて」と言われてお湯が溢れてても止めない、見てきてと言われただけだから、というのがありますがそれと同じです。言外の意味が分からずただ見てるだけ。

周りをよく見ると、きれいな朝露とか飛んでいるトンボに目を奪われ、結局フラフラと好きなものに注意を向けてしまい、「気を付ける」とは逆の行動になってしまうのでした。




「頑張って」「気を付けて」のような漠然とした”命令”が理解できないのは、自分がないから(アイデンティティーが拡散しているから)ではないかと思います。

アイデンティティー拡散とは↓

www.asujin.com

 

頑張る目標が他人の中にある


私が自分なりに考えて行動するといつも怒られます。アスペルガーなので普通の人と価値観が違うからです。本当は褒められたこともあったはずなのですが、理不尽に拒否された時の印象のほうが強いのです。

だから、とにかく人の言う通りにしようとします。
「頑張れ」とか「気を付けて」とかの曖昧な指示だと、具体的にどうしたらその人に満足してもらえるか分からず困ってしまうのです。

それで結局「力まないで」「いつも通りでいいのよ」というゆるーいけれど具体的な指示を真に受けて、ほんとにいつも通りボーっとやるのです。


今なら、

  • 自分の頭と体をフルに使って、
  • 自分の過去のデータと比較して、
  • 自分なりに考えて工夫して、
  • その中で最善の策を常に考えながら前に進む
  • 間違っても次に生かす(トライアンドエラー)

これが「頑張る」(「気を付ける」もほぼ同じ)ということだと分かります。



今の私は、1人で落ち着いてやれば「頑張る」ことができます。
落ち着いていない場合どうなるかというと、

  • 自分の知識
  • 一瞬のひらめき

のみで対処しようとします。
子供の頃ならこれでも対処できるのですが、大人になってもこれだとバカにされてしまいます。熟考して考え抜く人の足元にも及びません。



また、他人の目があると頑張れません。絵のように、矢印が曲がってしまいます。



でもね、自覚してる時点で惜しいところまで来てると思うんですよ!



このブログは頑張れているほうです。
夫には内容は伝えていませんが、ブログをやっていることだけは伝えています。一応、「夫が見守ってくれているから頑張れる」の経験を積んでいるつもり。

www.asujin.com